かみさま夢風鈴2024
開催期間:8月1日~31日
開催場所:夢すき公園内

神代和紙は、はるか千年前からこの地で漉かれ伊勢神宮や東寺に献上するほどの優れた品質を誇っていました
でもそれは過去の話……
洋紙に押され手漉きの神代和紙は消滅の危機にありました。

鶴は千年、亀は万年生きると言われ、ともに長寿で縁起が良い生き物です。では、神代和紙ような手漉き和紙の寿命はどのくらいだと思いますか?
毎日使っているのに、意外と知らない紙のことをご紹介します。

オリオンの三ツ星さんの
樹脂アクセサリー
こうじろ和紙屋さんの
コーヒーフィルター
花結木さんの
ひのき和紙

 1990(平成2)年、当時の阿哲郡神郷町(現新見市神郷)は、昭和の中頃まで地域内で精米や製粉に活躍していた水車と、奈良平安の頃より漉かれていた神代和紙の歴史と文化遺産を後世に伝えるため「日本一の親子水車(現在は親子孫水車)」と「紙の館」を整備しました。そして、それらがある一帯を「夢すき公園」とし、地域活性と人々の交流の場としました。神代和紙保存会は、この「紙の館」で紙漉きを行うなど活動の拠点にしています。紙を漉くのは11月~3月中旬。見学ご希望の方は、事前にメールもしくはInstagramでご連絡ください。

岡山県新見市神郷下神代1977-1
夢すき公園内「紙の館」